活動紹介

活動紹介(R04)

小雨 本日の様子から(5月13日)

<ファングリッシュ活動>

今年度、富岡市では英語教育(ファングリッシュ)を重点に行っています。本校においても、生徒が英語学習に興味をもってもらえるような取組を考えているところです。今日はファングリッシュルーム横の掲示を紹介します。「ゴールデンウィークをどう過ごしたのか」について、当てはまるものにシールを付けてもらいました。

 

 

<1年生>数学
 「たしかめよう」の問題の解答と解き方プリントを班の友達と一緒に考えています。みんながわかりやすいプリントを目指して相談しています。

 

 

 

<2年生>総合
 5月24日に迫った校外学習(鎌倉)の班活動における係を考えています。どんな係が必要なのか自分たちで考えているところがすばらしいと思います。

 

 

 

<3年生>社会
 「戦局の悪化と戦時下の暮らし」という単元で、人々の生活はどのように変化してきたのか、ということをめあてに取り組んでいます。きっと、現代の世界の様子と比較しながら考えているのでしょう。

 

 

 

<給食>

本日の給食は、ごはん、ハンバーグおろしソース、こんにゃく入りサラダ、中華風なめこスープ でした。

曇り 本日の様子から(5月10日)

<生徒会集会>

今日の生徒会集会は、あいさつについて発表しました。時と場に応じてどのようにあいさつをすればよいか、演技を交えながらわかりやすく伝えてくれました。
次に、14日(土)に行われる廃品回収の注意事項について、生徒全員に伝えました。土曜日には、中学生も力を合わせて廃品回収を行います。地域のみなさまご協力をお願いします。

 

 

 

 

雨 本日の様子から(5月9日)

今日は朝から、雨模様でした。生徒はそれぞれの担当箇所をきれいに掃除していました。

 

 

 

【給食】

本日の給食は、牛乳、わかめごはん、揚げじゃがのそぼろあん、キャベツとキュウリの浅漬け、呉汁でした。

 

 

晴れのち曇り 本日の様子から(5月6日)

ゴールデンウィークも残すところ7日(土)、8日(日)の二日間となりました。子供たちはお休みモードかな?と思いきや、一生懸命勉強しております。4校時の各学年の様子です。

<1年生>国語
 「少年の主張」の学習をしています。「構成メモを完成させよう」というめあてで、友達と話し合いながら構成メモの完成を目指します。

  

 

 

<2年生>地理
 「日本のさまざまな自然災害」という学習です。自然災害は地形や気候とどのような関係があるのかということをめあてに、近年増加傾向にある自然災害について、社会的な見地から解き明かしていきます。

 

 

 

<3年生>学活
 5月22日(日)にせまった京都・奈良への修学旅行の下調べを班ごとに行っています。今日は、二日目の班別行動となる京都市街地の見学地を班ごとにタブレットを使いながら、調べていました。

 

 

 

【給食】

今日の給食は、牛乳、ごはん、ビビンバの具、ひとくち焼きいも、チゲ汁でした。

花丸 授業参観お世話になりました!

ゴールデンウィークまっただ中にも関わらず、たくさんの保護者の方においでいただき、無事授業参観を行うことができました。ただ、廊下やベランダからの参観になってしまい、申し訳ありませんでした。次回の参観日には、コロナが収まることを切に願うばかりです。

<1年生>

 

<2年生>

 

 

<3年生>

 

星 令和4年度 前期生徒総会

本日の6時間目に生徒総会が開催されました。藤井生徒会長のあいさつのあと、議事を執り行いました。
令和4年度も生徒会の皆さんが中心となって、自発的・自治的な活動を進めてほしいと思います。

 

 

 

 

曇り 本日の授業から(4月27日)

【5時間目】

<1年生>数学
 負の数が入った加法の仕方を学習していました。(-3)+(=2)=ー5 のような計算の際に、ポイントとになることを押さえながら、考えていました。

 

 

 

<2年生>英語
 重要な表現を探して文を作ることをめあてに取り組んでいました。単語を並べかえて英文を作る際のポイントについて考えています。

 

 

 

<3年生>国語
 「握手」という単元名の小テストをしていました。みんなとても集中していました。

 

 

【給食】

本日の給食は、ごはん、牛乳、いかナゲット、たけのこごはんの具、呉汁 でした。

曇り 校長講話より(4月26日)

北中の職員玄関には、柔道の山下泰裕さんのサイン色紙が飾ってあります。これは2014年に山下さんが、北中を訪れた時に、贈ってくれたもののようです。
その色紙には、「挑戦」という文字が記されています。山下さんの「挑戦」は、金メダルを取るという夢に向けた挑戦であったようです。
北中の生徒の皆さんも、どんな小さなことでもよいので、一人一人が挑戦する気持ちをもってほしいと思います。